予防歯科

  • HOME >
  • 予防歯科

虫歯・歯周病は予防が可能な病気です
~予防歯科~
prevent

現在の日本では、「歯が痛くなったから……」「異変を感じたから……」――こういったきっかけで歯医者に行かれる方がほとんどで、それが当たり前のこととなっています。しかし、その結果、日本では歯周病や虫歯で歯を失う人が多く、残念ながら“入れ歯大国” と呼ばれるほどになってしまいました。

ところが日本でも、近年ようやくトラブルを未然に防ぐ“予防”の大切さが見直されています。虫歯歯周病は、罹患のメカニズムが解明されているので、予防が可能な病気です。大切な歯の健康を維持するために、千葉みなとの歯医者「佐藤歯科医院」の予防歯科へ定期検診にお越しください。

日本と海外の意識の違い

日本と海外の意識の違い

日本では、「予防歯科」の意識はまだ低いのが現状です。しかし歯科先進国であるスウェーデンなどの北欧では、かねてからお口のトラブル予防に対する意識が高く、「虫歯や歯周病にならないために歯医者に行く」という習慣が根づいています。

たとえば国民の9割が定期検診に通う習慣があるスウェーデンでは、80歳時点での平均残存歯数は20本以上。しかしそれに対し日本では、数年前まで約8本というデータが出ていました。そこから徐々に予防意識が高まった今でも、まだ13.9本と、スウェーデンとは大きな差が生じているのがわかります。

人は親知らずを除いた永久歯28本のうち、20本以上の歯が残っていれば、食事や会話を不自由なく楽しめるといわれています。食べたい物をガマンすることなく、楽しく暮らしていくためには、1本でも多くの歯を残すことが大切です。日本でも、予防の大切さを見直すべきだといえるのです。

定期検診のススメ

定期検診のススメ

当院では定期検診の際に、歯科医師による口腔内のチェックに加え、口腔衛生のプロフェッショナルである歯科衛生士が専門的なお口のクリーニングを行っています。ご自宅でのケアでは落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去することで、口腔内を健康に維持することができるのです。また同時に、セルフケアのコツなどもお教えしています。

定期検診は、治療後にも通うことが必要です。当院では、歯周病治療・インプラント治療を受けられて患者様には顕微鏡検査を行い、口腔内の細菌の数を調べて、一人ひとりに合ったメインテナンス期間や方法を決定しています。さらに細菌の増殖を防ぐ内服薬の処方も行っています。

今までのように「痛くなるまで歯医者に行かない」ということを続けていると、大切な歯は確実に失ってしまうでしょう。当院では歯科衛生士が3名在籍し、それぞれ責任をもって皆様のお口のケアを担当します。「失って初めて、歯の大切さに気づいた……」ということにならないよう、定期検診に通う習慣づくりを始めませんか?

※当院ではスウェーデン式の予防歯科方式を導入しています。また3年ごとにスウェーデンイエテボリ大学のカリホロジャ科歯周内科での研修を受けており、最新のテクノロジ―を導入しています。

スウェーデン式むし歯予防の勧め

スウェーデンは歯科予防先進国であり、世界的にも虫歯の少ない国です。しかし、50年前は日本よりむし歯の罹患率の高い国でした。どのようにしてむし歯のない社会にしたのか?その方法について紹介します。

1.カリオグラム(むし歯のリスク判定)を作成し、個人個人に合ったむし歯予防を行う。自分はむし歯になりやすいのか、なりにくいのか。そして、何が原因でむし歯に易いのかを分析する。

2.徹底した糖分(砂糖)の制限を行う。特に、コーラやスポーツドリンクなど。代用糖としてキシリトール。

3.フッ化物によるむし歯予防を積極的に行う。

①フッ素高配合の歯磨き剤を使う。そして合言葉は2222。できるだけ高濃度のもの。1500ppmが望ましい。お勧めはデンディウム
①フッ素高配合の歯磨き剤を使う。そして合言葉は2222。できるだけ高濃度のもの。1500ppmが望ましい。お勧めはデンディウム
北欧で使われている1500ppmのフッ素配合(Zendium)歯磨剤を購入できます。
  • 2(1日2回磨く)
  • 2(磨く時間は2分間以上)
  • 2(歯磨剤は2センチ)
  • 2(磨いた後2時間は飲食を控える)
②リスクの高い方には、フッ素洗口を行う。

②リスクの高い方には、フッ素洗口を行う。

特に、寝る前のフッ素洗口は効果が高い。磨いた後に洗口はしない

予防歯科メニュー

カリオグラム:スウェーデンイエテボリ大学型予防プログラム
カリオグラムとは?

しっかりと歯ブラシをしていても、むし歯になってします人がいます。逆に、全く歯ブラシをしないのに、むし歯が全くない人もいます。
なぜ?それは、むし歯になる体質の違いなのです。
カリオグラムは、むし歯になりやすいのか、なりにくいのかの体質を検査します。お口の中の歯垢検査や、唾液検査、また日常の食生活調査、フッ化物使用調査を行います。そして、むし歯になる原因について判定し、その結果に基ずいて個々に最適な予防方法を提案し、実践していただきます。
唾液検査では、むし歯の原因菌ミュータンス菌、ラクトバチルス菌の数、唾液の分泌量、唾液緩衝能を調べます。時間は10分程度です。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

専門機器を使用して行う歯のクリーニングです。ご自宅でのセルフケアに加えPMTCを受けることで、より効果的な歯の清掃が可能になります。汚れを徹底的に除去し、ピカピカにみがき上げた歯には新たなプラークが付着しにくくなるというメリットも。お口の中がすっきり・さっぱりする心地よさを実感してください。

ブラッシング指導

当医院では、患者さんそれぞれに合った歯ブラシを歯科医師、歯科衛生士が選び、お勧めしています。お口の中の状態は、人それぞれ違います。患者さんの年齢、歯肉の状態、歯並び、インプラントを含めた補綴物の有無など、その環境は様々です。当医院では、それぞれのお口の状態に合わせて、毛の硬さや大きさそしてデザインを考慮した最適は歯ブラシを選択し、効率的なプラークコントロールを提案します。どうぞお気軽にご相談ください。

幼児用もスウェーデンから輸入してます。

フッ素塗布

フッ素は、歯の再石灰化を促すことで歯質を強くし、虫歯菌の活動を抑制するはたらきがあります。お子様の虫歯予防として一般的な処置ですが、大人の方の歯にも有効です。