小児矯正

  • HOME >
  • 小児矯正

お子様の歯並びが気になったら
~小児矯正~
ortho

お子様の歯並びが気になったら~小児矯正~

歯並び・咬み合わせの乱れの問題は、見た目が気になるだけではありません。乱れを放置すると、虫歯歯周病になりやすくなったり、全身の骨格バランスを乱してしまったりすることもあるのです。

そこで千葉みなとの歯医者「佐藤歯科医院」では、子供の矯正治療をご提案しています。矯正治療は、歯並びの見た目をきれいにするとともに、骨格の改善やさまざまなトラブルの予防にもつながります。お子様の歯並び・咬み合わせが気になる場合には、お早めに当院までご相談ください。

成長期ならではの“顎を拡げる”矯正治療~床矯正~

成長期ならではの“顎を拡げる”矯正治療~床矯正

矯正治療というと、歯に小さな装置を付け、ワイヤーで力をかけて少しずつ正しい位置に移動させていくものをイメージされる方が多いのではないでしょうか。矯正治療にはさまざまな方法がありますが、当院ではその中でも、成長期のお子様を対象とした矯正治療である「床(しょう)矯正」を行っています。

床矯正とは、取り外しができる専用の装置を毎日就寝中などに一定時間装着し、顎自体を大きく拡げることで、永久歯が並ぶスペースを確保する治療法です。おもに5~10歳ころのお子様を対象とし、自然な成長の力を利用することで、顎の成長を正しく導いていきます。 犬歯が揃える前までに歯列を整えることをお勤めします。

この治療によって、将来的に本格的な矯正治療に移行した際にも歯を抜かなくてすんだり、スムーズに治療を進められたりするなどのメリットを得ることができます。装置が取り外せるため食事やブラッシングにも支障はありませんが、装置を外している時間が長くなると効果が十分に得られないため、お子様自身の意識も大切です。

治療前 治療後
治療前治療前 治療後
初めに装置を装着した状態です。 少しずつネジを巻いて装置を拡げ、顎を拡大させます。
床矯正装置の種類
平行タイプ

平行タイプ

もっとも一般的な、顎を横に拡げるタイプの装置です。前歯から奥歯まで全体的に拡げることで、歯がきちんと並ぶスペースをつくります。下顎側は、舌があるためやや小さめなのがです。

ファンタイプ

ファンタイプ

前歯部分だけを横に拡げるタイプの装置です。奥歯の咬み合わせを維持したまま治療をするため、扇状に拡がるようになっています。ほかの装置の2倍の速さで治療が進むため「しっかり装着する」「ネジを巻くペースに注意する」ことが大切です。

子どもの矯正治療はいつ始めるべき?

子どもの矯正治療はいつ始めるべき?

「矯正治療って何歳から始めたらいいですか?」そういったご質問を受けることがよくあります。矯正治療の開始のタイミングは、一人ひとりのお子様の歯並びの状態や成長のスピードによって異なりますが、一般的には5~10歳ころの乳歯から永久歯に生え替わる時期とされています。

この時期には自然な成長の力を治療に利用できるため、あらかじめ顎の大きさを拡げる治療ができたり、スムーズな歯の移動が可能になったりするためです。しかし場合によっては、幼稚園や保育園に通われているころから、あるいは中学生・高校生になってから始めたほうがいいケースもあります。

当院では、顎の成長期に行う床矯正を推奨していますが、いずれにしろ一度診察を行ってみなくては詳しいことはお伝えできません。お子様に適したタイミングを逃さないためにも、まずはお気軽にご相談ください。

矯正治療は、床矯正だけで終わるケース、続けて本格矯正を行うケース、また本格矯正だけを行うケースなどさまざまなパターンがあります。当院では本格矯正から始めるのが適していると判断した場合には、信頼のおける専門医をご紹介していますのでご安心ください。

歯並び・咬み合わせの乱れを放置すると……

歯並び・咬み合わせの乱れを放置すると、次のようなさまざまな問題を招いてしまうことがあります。歯並び・咬み合わせに不安がある場合には、積極的に矯正治療を検討しましょう。

虫歯・歯周病に
なりやすくなる
食べカスが溜まりやすい上にブラッシングしにくいため、プラーク(歯垢)が溜まって虫歯・歯周病になりやすくなります。
発音障害を
招く
空気がもれたり、舌の位置が定まらなかったりすることで、サ行やタ行がうまく言えないなど、発音に支障が出ることがあります。
顎の成長不良を
招く
正しく咬めないことで、顎の未発達・成長不良を招くことがあります。また咬み合わせが悪いことで顎にかかる力が偏り、顎や全身の骨格バランスが崩れたり、将来的に顎関節症などの原因になったりすることもあります。
消化不良を
起こす
食べ物をしっかり咬みくだけず、丸飲みするクセがついてしまい、胃腸に負担をかけてしまいます。またきちんと咬めないことで、消化を助ける役割を持つだ液の分泌も減り、消化不良を起こすことがあります。
コンプレックスを
抱えてしまう
出っ歯、受け口、八重歯など、歯並びの見た目で悩んでいる人は少なくありません。口元が気になるあまり、人前で話すことが苦手になったり、内向的な性格になってしまったりするケースもあります。

費用

床矯正装置 1床 32,4000円
リテイナー装置 1床 21,600円
ワイヤー矯正 86,400円~