奥歯でもセラミッククラウンで美しく|千葉市中央区の歯医者をお探しなら千葉みなと駅から徒歩15分の佐藤歯科医院まで。

新着情報

カテゴリー:

奥歯でもセラミッククラウンで美しく

  • ブログ

この写真は時代の流れを感じるものです。一昔前までは、臼歯の理想的な修復方法はゴールドもしくは白金(ゴールドとプラチナの合金)を使った金属冠をかぶせる事とされていました。確かにゴールドは加工しやすく、歯との適合も良好です。しかし、所詮金属ですから鋳造が必要であり、変形もします。近年では、臼歯でも審美的にセラミックを使います。セラミックほうが、適合は良好です。しかし、セラミックは強い力には割れてしまいます。そこで、提案したいのがジルコニアクラウンです。さらに、最近では天然歯の色にも近く、歯の硬さにも近いが開発されました。1.5ミリの厚みがあれば作成できます。お勧めできる治療方法です。写真の手前がゴールドクラウン10年前に作成しました。奥2本がハイトランスジルコニアです。

ページトップへ戻る